就職や転職をする際に資格があるととっても有利になりますよね。
私が国家資格は持っていませんが、公的資格と民間資格なら持っています。
いつか国家資格を取りたいと思っていますが、国家資格といっても3つの種類があり、どんな資格試験が自分にあっているのかまずはそこから学びたいと思います。

国家資格とは国の法律に基づいて認定される資格で、国のお墨付きがもらえる資格なので、他の資格と比べると求められる技能や知識レベルが高く、信用度も高くなります。
国家資格には業務独占資格、名称独占資格、必置資格があり、業務独占資格は資格がある人だけができる業務がある資格で、医師・看護師・弁護士・後任会計士などがこれにあたります。
名称独占資格はその資格を持った人だけが特定の名称を名乗れる資格で、栄養士、ファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、介護福祉士などがこれにあたります。
必置資格は特定の業務を行う際に資格取得者を決められた数以上いないといけない法律があるため、必ず置かなければいけないという指定がある資格のことをいいます。
必置資格の場合には国家資格だけではなく公的資格や民間資格の場合もあり、薬剤師、管理栄養士、旅行業取扱管理者などになります。